豊胸手術を受けてから術後のケアが完了するまでの流れについて

豊胸手術 費用 アフターケア

豊胸手術を受けたからと言ってすぐに理想的なバストになるわけではありません。
では豊胸手術後、どのようなケアを経て理想的なバストへと変わっていくのでしょうか。

 

術後のダウンタイム

手術後はダウンタイムがあり、腫れや内出血が1週間から2週間ほど、さらに抜糸が1週間ほどで行われます。
糸は溶けるタイプを使うクリニックもありますが、傷口がきれいになるのは抜糸する方とされています。
またシリコンバッグを封入した場合は2〜3日で浸出液などを排出するためのドレーンを抜去します。
術後の胸は2〜3日圧迫してシリコンバッグを固定させる場合もありますが、脂肪注入法などの場合は圧迫の必要がありません。

 

胸の経過

気になるバストですが、一時的なむくみ、腫れに左右の大きさの差が出たりしますが、時間の経過とともに自然と落ち着いていきます。
胸が全体的に程よい形になるまでは3カ月ほどかかると言われていますが、退院後の通院で経過観察をし、胸の状態を医師に確認してもらいましょう。
なお自宅でマッサージをするのは傷口を圧迫し出血やバストアップ効果がうまく出ない可能性が高まりますので控えてください。

 

傷口のケア

術後体質によって傷口が赤く盛り上がったようになったり、傷口の幅が広がったり、色素沈着が起こったりすることがあります。
傷口が気になるようなら早めにクリニックを受診し、盛り上がっている傷口に対してはステロイド注射で傷を平らにすることがあります。
また色素沈着を起こした傷口はハイドロキノン配合クリームを塗って色素を薄めていく、トレチノインとハイドロキノンを使って肌のターンオーバーを促進する方法が取られます。
これらの方法では対処できない場合は傷を切開し癒着部分をはがして様子を見ます。

 

術後のケアはクリニックによって違う

豊胸手術後どのようなケアを行っていくかはクリニックによって異なります。
共通しているのは1週間後に抜糸が行われること、定期的に通って術後経過を観察することです。
もちろん一人一人術後の経過は違いますので、医師の指示に従って来院することが大切です。
医師は術後の様子や経過を見て来院頻度などを指定してきますが、大体手術後は3〜6回程度通院すると考えるといいでしょう。
またどうしても痛みに耐えられないという場合は痛み止めの薬などを処方してもらえますので早めに申し出ましょう。
1カ月ほどで手術跡は落ち着きますので、それまで気になる症状が出ている場合はクリニックを受診し適切なケアを受けてください。

 

≫豊胸手術に人気のクリニックランキングはこちら