豊胸手術 ばれない

MENU

豊胸手術した事を周りにバレなくする為には?他人に解らないようにするため

胸を大きくする方法として、豊胸手術はもっとも簡単なバストアップ法ですね。
確かに、マッサージやエクササイズでもバストアップはできますが、どんなに頑張っても理想のバストになるとは限りません。

 

また大きさはともかく、効果を実感できるまでには長い期間がかかるので、短期間で確実なバストアップのためには豊胸手術が一番です。
ただいくらすぐに大きくなるとしても、やっぱり周りにはばれたくないですね。

 

周囲にばれやすいのは、あまりにも胸の大きさの変化が目立つ、傷跡がある、形が不自然に整っているというような豊胸手術です。
また、内出血したり腫れてしまうこともあるので、薄着の季節だとどうしてもバレやすくなります。
逆に言うと、これらの点に気をつければ、他人には解らないように豊胸手術ができるということですね。

 

まず傷跡や内出血、腫れに関しては、着用する洋服に気をつければ問題ないでしょう。
普通の状態に戻るまでは、胸をしっかりカバーできる洋服を着るようにして隠せばいいですね。

 

内出血や腫れは1週間ぐらいでき得るので、もし水着を着る予定がある場合は2週間ぐらい前までに手術を終わらせておきましょう。
ただ、シリコンバッグ挿入法だと数cmの傷が残るので、ラッシュガードなどでカバーしてください。

 

次にバストサイズに関してですが、芸能人でも急激にバストアップすると豊胸だと騒がれるように、あまりにも大きくしすぎると確実にバレてしまいます。
またシリコンバッグは形が綺麗にできるものの、やっぱり欲張って大きいバッグを入れると不自然になってしまいます。

 

ですので、大きくしたい気持ちは分かりますが、サイズアップは1カップぐらいにしておきましょう。
ヒアルロン酸注入法なら、段階的にバストアップが可能なので、1カップ以上大きくしたい場合はヒアルロン酸注入法にするといいですね。

 

ただ、結果的に言うと、シリコンバッグ挿入法以外の豊胸手術は、馴染んでしまえば他人に解ることはないので心配しなくても大丈夫です。

 

≫豊胸手術に人気のクリニックランキングはこちら