長期間のバストアップ効果が期待できる脂肪幹細胞注入法

MENU

長期間のバストアップ効果が期待できる脂肪幹細胞注入法

脂肪注入法の中でも安全性が高く定着率を挙げることができるのが脂肪幹細胞注入法です。
一般的な脂肪封入法と違い、手間をかけることでよりよいバストアップを目指すことができる脂肪幹細胞注入法はどのような方法なのでしょうか。

 

脂肪吸引とは違う脂肪幹細胞注入法

脂肪幹細胞注入法は脂肪が気になるお腹や二の腕などから脂肪を吸引し、その脂肪に含まれる幹細胞を一緒に注入する方法です。
施術後のバストは1〜2カップほどのバストアップができることはもちろん、脂肪細胞は自分のものですから仕上がりが良く、手触りも自然で張りがあり柔らかいバストとなっています。
また気になる部分の脂肪を吸引するのでダイエット効果もあり、美しいボディラインを手に入れることができるでしょう。

 

脂肪定着率がいい

脂肪幹細胞注入法最大の特徴は脂肪定着率がいいため通常の脂肪注入法に比べて安定感があることです。
というのも脂肪細胞に栄養を与えることで脂肪が蓄積されるよう促進し、血行を改善することで定着率を上げるからです。
もちろん個人差はありますが、注入した脂肪の内、およそ半分はそのままバストに定着するとされています。
施術時間はおよそ1時間ほどですし、1週間ほどで抜糸することができます。
内出血や腫れが1〜2週間ほど続きますが、痛みに弱い方のために麻酔を行いますし、クリニックによっては硬膜外麻酔と局所麻酔の両方を行ってくれます。

 

さらに効果をプラスした脂肪幹細胞注入法もある

日本大手の美容外科クリニックで行われている脂肪幹細胞注入法は高濃度の血小板を幹細胞といっしょにちゅうにゅうすることで脂肪細胞によって増える血管内皮新生因子を増やし、繊維芽細胞造成因子によって脂肪の定着率を挙げることができます。
さらに幹細胞の成長を促す製法因子によって土台を形成、より高い脂肪の定着率を実現しています。

 

しこりができない方法

脂肪幹細胞注入法は脂肪注入法のトラブルとしてよく見られるしこりができづらいという特徴があります。
吸引した脂肪から幹細胞を取りだす方法はクリニックによって違いますが、中には遠心分離機を使用して不純物を取り除き、コラゲナーゼという酵素によって幹細胞を取りだすところもあります。
技術力や方法はクリニックによって違いますので、どのクリニックで脂肪幹細胞注入法を受けるのがベストかはよく考える必要がありますが、術後トラブルが少なく確実なバストアップを望む方法として脂肪幹細胞注入法は定着しつつあるのです。

 

≫豊胸手術に人気のクリニックランキングはこちら