乳腺下法での豊胸手術はどんなバストの人に最適なのか

MENU

乳腺下法での豊胸手術はどんなバストの人に最適なのか

シリコンバッグ挿入法の一つに乳腺下法がありますが、これは豊胸バッグを乳腺と大胸筋の間に入れる方法です。

 

この術式の流れは、
・大胸筋の表面にある筋膜と乳腺の間をまず剥離させます。
・豊胸バックの挿入層はその隙間になります。
・術後のマッサージが必要(他の手術法よりも痛みが少ない)

 

※シリコンバッグ挿入法は、豊胸バッグ挿入の位置によって
乳腺下法、大胸筋下法、大胸筋膜下法とに分けられます。

 

乳腺下法の施術を受けるにあたり、適したバストと適さないバストがあるのですが、どのようなタイプの人は乳腺下法が適しているのでしょうか。

 

乳腺下法を受けるのに適している人

乳腺下法を受けるといいのは乳腺が元々ある人です。

 

逆に乳腺が小さい、数が少ない人はあまり適していませんので大胸筋の下にシリコンバッグを入れる方法が適しています。

 

具体的にどのようなタイプのバストかと言うと、皮下脂肪が胸にある程度ある、授乳経験があり乳腺が発達しているが授乳を止めたとたん胸のハリがなくなってしまった、年齢で胸がしぼんでしまったと言う人です。

 

これに適さない人は他の大胸筋下法、大胸筋膜下法での手術となります。各個人の体形や脂肪、筋肉の状態などから専門家が判断するので、挿入部位もどこがいいのか?どの手術法がいいのかは自分で決めるものではないということを覚えておきましょう。

 

乳腺下法は腫れや痛みが少ない

乳腺下法は大胸筋を剥離せずに行うため術後の痛みや腫れのリスクは非常に低いです。

 

また仕上がりも自然な形と大きさ、柔らかさになり、横になっても自然な方向へバストが流れます。

 

大きさも限りなく希望に近くできるので胸の谷間を作りたいと言う人にも向いていますし、AカップからCカップ、Dカップなど大きくバストアップすることもできるのです。大きくてハリのある乳房にしたい方におススメです。
切開する場所もわきの下やアンダーバストがメインですから傷口が目立つことはありません。

 

デメリットがあることも覚えておこう

シリコン挿入の乳腺下法は大幅なバストアップができますが、皮膚や皮下脂肪が薄い、バストが小さい人が乳腺下法を受けるとシリコンバッグの形が胸の上から分かるくらいに浮き上がってしまったり、触り心地が不自然なことがあります。

 

さらに波を打ったように皮膚の薄い部分にシリコンバッグが目立つというリップリングという現象も起こりやすいです。こうした可能性は加味して検討しましょう。

 

また執刀医も選ばなければ術後の後遺症に悩まされるのもデメリットです。
乳腺付近を手術しなければなりませんから、乳腺を傷つけることのないよう経験と技術力のある医師に執刀してもらうのがいいでしょう。

 

スポーツをしている人にもお勧め

乳腺下法はバストがもともと大きく乳腺が発達している人やバストの皮膚、皮下脂肪に厚みがある方、バストは大きいけれど垂れさがってしまっている方だけではなくスポーツ選手など胸板が大きい方にもお勧めの施術法です。

 

ほかの術法に比べてダウンタイムも短く、3週間程度で腫れが引くと言われていますので、家事や事務なども術後数日から行えるようになります。
もちろん痛みがないわけではありませんが大胸筋下法や大胸筋膜下法に比べると精神的な負担も少ないと言えるでしょう。

 

麻酔は全身麻酔なの?部分麻酔なの?

乳腺下法だけでなく豊胸手術に時の麻酔に関しては、クリニック毎に姿勢が変わります。
簡単なヒアルロン酸注入の場合などは、部分麻酔で対応しているクリニックがほとんどですが、極力全身麻酔をしないというクリニックもあります。
技術上の面では、全身麻酔の場合は、専門の麻酔医が必要になり、執刀医一人では手術ができません。
この麻酔医が要るクリニックは大手に限られてしまいます。また、2人以上の医師が必要になるので、予定を組むのも大変でスケジューリングで時間がかかる、手間がかかるというデメリットがあります。
手術を受ける側としては、痛みが少ないほうがいいですし、全身麻酔のほうが薬剤を体内に入れないので部分麻酔よりも体に負担がないという一面もあります。
クリニック選びや相談の際はこうした、どの麻酔を使うかは病院側の事情も絡んでくることを知っておきましょう。

 

≫≫豊胸手術の麻酔の種類とは?膜外麻酔のメリットについて

 

ヒアルロン酸豊胸とどっちがいい?

ヒアルロン酸豊胸は、気軽にできるのがメリットです。
≫≫ヒアルロン酸注入法によるバストアップの仕上がりについて
バストの左右の大きさを改善したり、短いダウンタイムで済ませたい、傷跡は残したくない。。。などメリットも多いです。
ただ、しっかりと豊胸したいという時には、ヒアルロン酸注入だけでは限界があるのも確かです。自分のバストをどれくらい変えたいか?この点が大きいですが、広く考えて乳腺下法などシリコンバッグ豊胸のほうが満足いく仕上がりになったというケースも多いので、時間をかけて比較するのがいいでしょう。

 

脂肪注入豊胸とどっちがいい?

脂肪注入法は、豊胸シリコンという異物を体内に入れるのではなく、自分の脂肪を使うため体に無理がない豊胸術といえます。体にも自然で理りにかなっています。
ただし、脂肪注入の場合も痩せている人はできない、脂肪がいずれ体内に吸収されてしまうという大きなマイナス点があります。一概にどちらの手術法がいいとは言えませんので、総合的に自分のなりたいバストアップが実現できる豊胸術や手術法を選ぶことが必要です。

 

脂肪注入法によるバストアップ手術のメリットとデメリット

 

≫豊胸手術に人気のクリニックランキングはこちら