豊胸手術の麻酔の種類とは?膜外麻酔のメリットについて

MENU

豊胸手術の麻酔の種類とは?膜外麻酔のメリットについて

豊胸手術を行う場合は麻酔をしてから施術をすることがほとんどですが、どのような種類があり、多く用いられる膜外麻酔にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

局所麻酔

手術で石灰をする場所に直接麻酔液を注射する方法で虫歯治療や簡単な手術で用いられることが多いです。
ですから受けたことがある方も多いかもしれませんが、豊胸手術は胸に施す手術ですので局所麻酔を採用しているところはあまりないようです。
局所麻酔を採用しているクリニックでも、硬膜外麻酔と併用して使用することが多いです。

 

硬膜外麻酔

背骨に麻酔を注入していく方法で、盲腸などで使われる腰椎麻酔とは違います。
どちらかと言うと麻酔を打つ打かさが浅い分硬膜外麻酔の方が安全性は高く、手術中でも意識を保つことができます。
そのため手術中でも触られている感覚はありますし、音や映像を認識することは可能です。
デメリットは恐怖心がある場合手術中ずっと緊張しっぱなしで麻酔が聞きづらいことがあることでしょう。
ただ手術中は意識がぼーっとする点滴を打つため実際には音は聞こえてもそれほど意識ははっきりしていないようです。

 

全身麻酔

口から麻酔ガスを吸引し眠っている間に手術が終わる方法です。
そのため痛みも恐怖心もなく麻酔科医にとっても管理がしやすい麻酔と言われています。
もちろん手術の種類や手術時間により管理方法は異なりますが、豊胸手術の場合は目を覚まさせる時間をコントロールできるので多くのクリニックが採用しています。
硬膜外麻酔や局所麻酔の場合は薬を体の中に入れてしまうため、肝臓や腎臓で分解されて排出されなければ麻酔から覚めませんが、全身麻酔は麻酔が呼気として出ていけばいいので管理しやすいということが分かるでしょう。

 

膜外麻酔のメリット

膜外麻酔は多くのクリニックで全身麻酔と同じくらいの割合で採用されている方法ですが、硬膜外腔に局所麻酔を注入し、細いカテーテルを留置すれば手術時間中および術後の痛みがひどい時間でも麻酔を注入し続けることができます。
そのため麻酔から覚めたときのひどい痛みにさいなまされることも少なく、痛みが落ち着いてから麻酔を抜くことができます。
もし膜外麻酔でトラブルがあった場合は医師の判断で全身麻酔に切り替えられることもありますが、膜外麻酔は意識がある分手術の様子を認識することができ、中には自分の胸を直接触ってみる人がいるほど自分の胸が今どうなっているのかを知ることもできるのです。

 

≫豊胸手術に人気のクリニックランキングはこちら