バストサイズを確実に行えるシリコンバッグとはどんな施術方法か

豊胸手術 費用 シリコンバッグ

豊胸手術でもっとも取り入れられ認知されている方法がシリコンバッグを入れる方法です。
バストサイズが確実に一瞬で変わるということで多くの女性が受けていますが具体的医どのような方法なのでしょうか。

 

手術の傷跡は目立たないのか

シリコンバッグはシリコンが入った透明なバッグを直接バストに入れる方法です。
希望のバストサイズに合わせて入れるシリコンバッグの大きさも変わりますが、直接バストに入れるということはメスで皮膚を切る手術を行うということです。
それなら傷跡が目立つのでは、と思う方もいますが、切開する場所は脇の下あるいはアンダーバストですから特に目立つような傷にはなりません。
また大きさも4〜5pですからそれほど大きな傷ができるということはないのです。

 

筋肉か乳腺の下に入れる

バストの仕組みを見てみると、脂肪と乳腺その下に筋肉があります。
シリコンバッグを入れるのは大胸筋か乳腺の下になり、どちらに入れるかは患者の状態により変わります。
なお大胸筋の下には小胸筋がありますので内臓を傷つけたりする心配はありません。
乳腺が小さい方やバストサイズがもともと小さい方は大胸筋の下に、バストの皮膚が余っており、ふくらみのあるバストである場合は乳腺の下に入れることが多いです。
乳腺下法での豊胸手術はどんなバストの人に最適なのか

 

シリコンバッグを入れた後

シリコンバッグをバストに挿入したらドレーンを傷口の皮膚からシリコンバッグを入れた場所まで入れておかなければなりません。
そうすることでシリコンバッグを入れた場所に血液やリンパ液などが溜まっても排出することができるのです。
この作業を行うことで内出血や腫れ、痛みといった術後のトラブルを軽減することができます。

 

最後は縫合と圧迫

ドレーンを入れたら傷口を縫合糸、1週間を目安に抜糸しますが最近は体に溶ける糸を使うところも多いです。
ただ傷口をきれいにしたいというのなら抜歯をする方法を選んだ方がいいでしょう。
さらにバストを圧迫し、シリコンバッグが正しい位置に落ち着くようにします。
そしてこの圧迫は術後の腫れや痛みを軽くする作用もありますので、圧迫に使った包帯などは外さず次回通院までそのままにしておきます。
痛みはおよそ1週間程度で治まり、1カ月ほどでバストの形が整います。
最初のころは内出血や腫れなどによってまだまだバストの形は整わないのですが、術後1カ月もすればあなたの理想的なバストが手に入るでしょう。
ただしシリコンバッグがバストになじむまでには最低でも1年かかると言われていますので、シリコンバッグの手術を受ける前にしっかり説明を聞いておきましょう。

 

≫豊胸手術に人気のクリニックランキングはこちら