ヒアルロン酸注入法によるバストアップの仕上がりについて

豊胸手術 ヒアルロン酸

 

バストアップ法の一つとしてメジャーなのがヒアルロン酸注入法です。
ヒアルロン酸法はバストアップ法の中でも人気の高い方法なのですが、どのような仕上がりになるのでしょうか。

 

傷跡が小さく目立たない

ヒアルロン酸注入法はバストに直接ヒアルロン酸を注入する方法です。
注入するということはメスで皮膚を着る必要がありませんから、傷跡も小さく済むということです。
よくある術前術後の写真を見ても、どこから封入したのか分からないほどの仕上がりです。
ですからヒアルロン酸をバストに注入すると自然な形と大きさのバストを手に入れることができ、元からその大きさのバストだったかのようにふるまうことができるのです。

 

手触りが自然

バストの弾力や肌触りはバストアップした胸と素の胸では全く違うと言いますが、ヒアルロン酸は元々体の中にある成分ですからバストアップにヒアルロン酸注入法を選ぶと自然な手触りを得ることができます。
よくあるシリコンバッグ挿入法では触ったときにごわごわしたり、硬さを感じたりすることがあるのですが、ヒアルロン酸は自然な弾力を保つことができるのです。
そもそもヒアルロン酸は皮膚の水分保持や関節の柔軟性などを保つために体の中にある成分ですから、自然な仕上がりになるのは当然のことと言えるでしょう。

 

1〜2年で元に戻る

ただしヒアルロン酸注入を受けた後の仕上がりは自然でも、ヒアルロン酸は体内にもともとある成分のため時間をかけて吸収されていきます。
継続効果はおよそ1〜2年と言われており、その後は元の大きさに戻ってしまうのです。
元に戻るときも自然と戻りますので急激に胸が小さくなった、この人実はバストアップしていたんだとほかの人に知られる危険性はあまりありませんが、定期的に美容外科クリニックに通い、状態をチェックしてもらう必要はあります。

 

注入する寮を選ぶことができるから自然

ヒアルロン酸注入をすると自然なバストアップが可能ですが、中にはバストアップ手術を受けたことを知られたくない人もいます。
ですがヒアルロン酸注入法では注入するヒアルロン酸の量を選ぶことができるクリニックがほとんどですので、バストアップ手術を受けたと分からない程度にバストアップしたい、左右で大きさの違うバストを改善したいという方にお勧めです。
また妊娠や出産に影響しないのでどんなタイプの女性もヒアルロン酸注入法は受けることができると言われています。
つまり、ヒアルロン酸注入法を受けると自然なバストアップを望むことができ、それでいて周囲にバストアップが知られないようにすることもできるということです。

 

 

 

⇒人気の豊胸手術クリニックはこちら