乳腺下法での豊胸手術はどんなバストの人に最適なの?

 

 

シリコンバッグ挿入法の一つに乳腺下法がありますが、これは豊胸バッグを乳腺と大胸筋の間に入れる方法です。

 

この術式の流れは、

・大胸筋の表面にある筋膜と乳腺の間をまず剥離させます。
・豊胸バックの挿入層はその隙間になります。
・術後のマッサージが必要(他の手術法よりも痛みが少ない)

 

※シリコンバッグ挿入法は、豊胸バッグ挿入の位置によって
乳腺下法、大胸筋下法、大胸筋膜下法とに分けられます。

 

ほかの豊胸バッグの手術方法の大胸筋下法と胸筋膜下法と比べて、メリットデメリットを考えてみましょう。

 

メリット

バストの中は表に近い方から順に、乳腺・ 胸筋膜・大胸筋となっています。乳腺下法では乳腺と胸筋膜とのあいだにバッグを入れます。3つある方法の中では最も浅いところです。
バッグの軟らかさや動きがもっともストレートに出せます。また、ほかのふたつに比べ大幅なサイズアップが可能です。手術での体への負担もあまりありません。

 

スポーツをしている人にもお勧め

乳腺下法はバストがもともと大きく乳腺が発達している人やバストの皮膚、皮下脂肪に厚みがある方、バストは大きいけれど垂れさがってしまっている方だけではなくスポーツ選手など胸板が大きい方にもお勧めの施術法です。

 

ほかの術法に比べてダウンタイムも短く、3週間程度で腫れが引くと言われていますので、家事や事務なども術後数日から行えるようになります。
もちろん痛みがないわけではありませんが大胸筋下法や大胸筋膜下法に比べると精神的な負担も少ないと言えるでしょう。

 

乳腺下法は腫れや痛みが少ない

乳腺下法は大胸筋を剥離せずに行うため術後の痛みや腫れのリスクは非常に低いです。また仕上がりも自然な形と大きさ、柔らかさになり、横になっても自然な方向へバストが流れます。
大きさも限りなく希望に近くできるので胸の谷間を作りたいと言う人にも向いていますし、AカップからCカップ、Dカップなど大きくバストアップすることもできるのです。大きくてハリのある乳房にしたい方におススメです。切開する場所もわきの下やアンダーバストがメインですから傷口が目立つことはありません。

 

デメリットがあることも覚えておこう

 

乳腺の厚みがなかったり、皮下脂肪の少ない人の場合、自然な形にするのが難しくなります。
シリコン挿入の乳腺下法は大幅なバストアップができますが、皮膚や皮下脂肪が薄い、バストが小さい人が乳腺下法を受けると、シリコンバッグの形が胸の上から分かるくらいに浮き上がってしまったり、触り心地が不自然なことがあります。

 

下手をすると、「いかにも中にシリコンバッグが入っています」といったことにもなりかねません。また、ほかのふたつに比べると、被膜拘縮(カプセル拘縮)によるバッグの変形を起こしやすいです。「被膜拘縮」とは、バッグの周囲に体が作る膜が厚くなりすぎ、バッグを圧迫している状態をいいます。

 

さらに波を打ったように皮膚の薄い部分にシリコンバッグが目立つというリップリングという現象も起こりやすいです。こうした可能性は加味して検討しましょう。

 

また執刀医も選ばなければ術後の後遺症に悩まされるのもデメリットです。
乳腺付近を手術しなければなりませんから、乳腺を傷つけることのないよう経験と技術力のある医師に執刀してもらうのがいいでしょう。

 

どんな人に向いている?

乳腺下法を受けるのに適している人

乳腺下法を受けるといいのは乳腺が元々ある人です。
具体的にどのようなタイプのバストかと言うと、皮下脂肪が胸にある程度ある、授乳経験があり乳腺が発達しているが授乳を止めたとたん胸のハリがなくなってしまった、年齢で胸がしぼんでしまったと言う人です。これさえ問題ないのならば、大幅なサイズアップを望んでいる人におすすめです。

 

適していない人

逆に乳腺が小さい、数が少ない人はあまり適していません。なのでこれに適さない人は、大胸筋の下にシリコンバッグを入れる方法、大胸筋下法、大胸筋膜下法での手術となります。

 

ただ、各個人の体形や脂肪、筋肉の状態などから専門家が判断するので、挿入部位もどこがいいのか?どの手術法がいいのかは自分で決めるものではないということを覚えておきましょう。

 

 

手術方法

 

どこからバッグを入れるかで、手術方法は次の3つに分かれます。

 

1. 腋窩切開(えきかせっかい)

今の主流になっている方法です。わきの下を3、4センチ引き開いて、そこから胸の部分にまでバッグを送り込みます。

 

傷口は腕の下に隠れます。また、もともとしわが多い部分なので、傷口もその中にまぎれて、さらにわかりにくくなります。

 

2. 乳輪切開

 

乳輪に沿って半円状に切り開いて、バッグを入れる方法です。

 

傷口を最小限にし目立たないようにすることが必要になります。この点で医師のスキルの良しあしが重要になります。日本ではあまり行われていません。

 

3. 乳房下切開

 

アンダーバストの部分を数センチ切り開いてバッグを入れます。実際に固定させる位置に近く、血管や神経なども目で確認しながらの作業になるので、腋窩切開に比べ医師には容易です。

 

ただし、仰向けになってバストが上にずれたときには、傷口が見えます。こちらも行われることが少なくなってきています。

 

傷跡の心配は?

 

どの部分を切り開いても、数カ月程度は傷口がわかると思ったほうがいいでしょう。その後は次第に目立たなくなるのが一般的です。ただし、完全になくなるものでもありません。

 

傷口を目立たなくさせるには、患者自身の注意も重要です。クリニックから出された傷口保護用のテープなどはしっかり指示されたとおりに使うようにするのは、まず当たり前です。かゆみなどがあっても触ってはいけません。

 

もし、傷口盛り上がったり、傷口が汚くなっても対策はあります。薬剤で盛り上がりを抑えたり、医療用レーザー機器を使ってターンオーバーを進め傷口部分の再生を促す治療が行われます。

 

麻酔方法

 

手術は全身麻酔をかけて行われます。これには主に3種類あります。自分で選べるクリニックもあれば、用意しているものをそのまま受けるだけのクリニックもあります。もし、麻酔の種類にこだわるのならば、クリニック選びから考えなければいけません。

 

吸入麻酔

手術開始前に麻酔ガスを吸い始め、完全に眠った状態で手術を受けます。

 

麻酔から覚めるのは早いです。ただし、体への負担はやや大きめで、この麻酔の影響をなくすため、1泊かそれ以上入院するのが一般的です。

 

静脈麻酔

点滴を使って、静脈から麻酔薬を送り込みます。こちらも完全に眠った状態になります。麻酔の効かせ方の調整が容易です。また、麻酔を切ってから10分程度もあれば目が覚めます。体への負担も少なめで、2、3時間休憩するだけで、即日退院が可能です。

 

硬膜外麻酔

脊髄を保護している硬膜の部分に局所麻酔薬を送り込みます。脊髄のどの部分近くを選ぶかで、無痛にする体の部分を調整できます。

 

意識がはっきりしたままです。「バッグを入れた結果、どういったバストの大きさになったか」など自分の手術の様子が確認できるメリットがある半面、恐怖心を抱いてしまう患者もいます。

 

麻酔は全身麻酔なの?部分麻酔なの?

乳腺下法だけでなく豊胸手術に時の麻酔に関しては、クリニック毎に姿勢が変わります。
簡単なヒアルロン酸注入の場合などは、部分麻酔で対応しているクリニックがほとんどですが、極力全身麻酔をしないというクリニックもあります。
技術上の面では、全身麻酔の場合は、専門の麻酔医が必要になり、執刀医一人では手術ができません。
この麻酔医が要るクリニックは大手に限られてしまいます。また、2人以上の医師が必要になるので、予定を組むのも大変でスケジューリングで時間がかかる、手間がかかるというデメリットがあります。
手術を受ける側としては、痛みが少ないほうがいいですし、全身麻酔のほうが薬剤を体内に入れないので部分麻酔よりも体に負担がないという一面もあります。
クリニック選びや相談の際はこうした、どの麻酔を使うかは病院側の事情も絡んでくることを知っておきましょう。

 

≫≫豊胸手術の麻酔の種類とは?膜外麻酔のメリットについて

 

授乳に影響はある?

 

乳腺下法であっても、大胸筋下法や胸筋膜下法であっても、基本的には授乳への悪影響はありません。

 

ただし、妊娠・授乳の影響で乳腺が大きくなってしまい、胸の張りきつくなるようなことはあります。また、この影響で乳腺に炎症を起こす可能性も考えなければいけません。また、実際にはそう多くはないのですが、バッグが変形したり、破れやすくなる場合もあります。

 

これから妊娠する可能性のある人は、どのくらいまでのサイズアップならばほぼ危険性がないのかを、手術前に医師に十分に確かめたほうがいいでしょう。

 

手術時間はどれくらい?

 

乳腺下法の手術にかかる時間は全部で1時間から1時間半といったところです。

 

日帰り入院で済むかどうかは、主に採用した麻酔方法で変わってきます。静脈麻酔や網膜外麻酔ならば可能でしょう。吸入麻酔ならば、1泊か2泊は覚悟しておきましょう。

 

どの手術方法であっても、傷口は2日程度は痛みます。その後は一般的なパターンならば、手術後1周間程度で抜糸し、あとは週に1回程度のペースで3、4回通院します。これは胸をバックを体になじませ、自然な形にするための超音波マッサージを受けるためです。

 

特殊なバッグを使うという理由で、とても高い料金を請求するクリニックに注意

 

シリコンバッグは新しい素材が採用されるなど、日々改良が進められています。クリニックの方でも、新しいタイプのシリコンバッグを用意していることをセールスポイントにもします。

 

このシリコンバッグが手術代の値段を左右するのも確かです。ただ、新しいものが登場しても、どこかのクリニックが独占的に使うこともありません。仮に「当クリニックが独自に改良したものです」としていたところで、土台となる部分は同じです。特別によそとコストが変わることは考えられません。

 

「新しいタイプのシリコンバッグだから」「とても特殊な種類のものだから」と値段が跳ね上がるようならば、疑ってかかる必要があります。一応のめどとしては安い方は25万円ぐらい、高い方は100万円をいくらか超えるぐらいを考えておけばいいでしょう。

 

手術後のマッサージが大事!

 

脂肪注入法などでも、手術後のマッサージは必要になります。この場合は、注入した脂肪などが形よく収まるようにするのが目的です。

 

シリコンバッグは体にとっては異物なのも確かので、体の方で膜でくるんでしまうのです。放っておくと、所々で厚みが変わり、全体的にも厚くなってしまいます。これでバッグの形までが変わってしまうのが、先ほどご紹介した被膜拘縮です。厚みを均一にし、全体的に薄くするのがシリコンバッグを使ったときのマッサージの目的です。

 

マッサージと聞けば手でもむようなものをイメージする人もいるかもしれません。実際には超音波振動を左右それぞれ数分程度与えることになります。

 

ただし、以上は以前からある「スムースタイプ」と呼ばれるバッグの場合です。表面がツルツルになっています。今はザラザラに加工した「テクスチャードタイプ」も登場しています。こちらの場合は、マッサージをしなく被膜拘縮が起きにくくなっています。

 

シリコンバッグの基礎知識

 

シリコンバッグとは

 

シリコンバッグは単に「バッグ」と呼ばれたり、「インプラント」と呼んだりもします。

 

合成樹脂の一種であるシリコンで袋状にし、その中に液やジェルを入れます。かつてはこの袋部分の強度にやや問題があって、長年使っていると破れて中身が出ることもありました。今は耐久性も上ってこのようなトラブルはほとんどありません。

 

かつてこの中身は生理食塩水が一般的でした。今は単純な生理食塩水を使うことはまずありません。生理食塩水とほかの素材を混ぜてジェル状にしたり、中身もシリコン(シリコンジェル)にするのが普通です。

 

コヒーシブシリコンとは

 

最近では中身には、シリコンジェルやその改良したものを使うのが一般的です。というのは、いくら強度が上ったといっても、袋が破れたときの用心をゼロにするわけにいかないからです。シリコンジェルは万一漏れ出しても、体に吸収されることはほとんどなく、安全性が高いのです。

 

そのシリコンの中でも、コヒーシブシリコンバッグが主流になっています。一般的なシリコンが液状であるのに対し、粘性が高い(粘り気が強くて、流れにくい)ためにより安全性が高まります。かつては、「触った感じが硬い」といった欠点がありましたが、最新のものはソフトになって、この問題は解決しつつあります。

 

さわり心地

 

豊胸手術の目的は、もちろんバストアップです。見た目に大きくなっているのも重要ですが、さわったときのボリューム感も増している必要があるでしょう。しかも、自然な感じのほうがいいですよね。豊胸バッグの場合の決め手は、「どこに入れるか」と「どんな素材のバッグを入れるか」です。

 

「どこに入れるか」については、大胸筋下法・胸筋膜下法よりも乳腺下法がボリューム感も自然さも有利です。「どんな素材のバッグを入れるか」については、「メモリージェル」「ナトレル」「モティバエルゴノミックス」など、袋部分を特徴のある様々な素材で何重にもし、中に入れるジェルにも工夫をこらしたものがどんどん登場しています。感触については話だけではわかりにくいので、実際にものを見せてもらって、自分の手で確かめてみるようにしましょう。

 

ヒアルロン酸豊胸とどっちがいい?

ヒアルロン酸豊胸は、気軽にできるのがメリットです。
≫≫ヒアルロン酸注入法によるバストアップの仕上がりについて
バストの左右の大きさを改善したり、短いダウンタイムで済ませたい、傷跡は残したくない。。。などメリットも多いです。
ただ、しっかりと豊胸したいという時には、ヒアルロン酸注入だけでは限界があるのも確かです。自分のバストをどれくらい変えたいか?この点が大きいですが、広く考えて乳腺下法などシリコンバッグ豊胸のほうが満足いく仕上がりになったというケースも多いので、時間をかけて比較するのがいいでしょう。

 

脂肪注入豊胸とどっちがいい?

脂肪注入法は、豊胸シリコンという異物を体内に入れるのではなく、自分の脂肪を使うため体に無理がない豊胸術といえます。体にも自然で理りにかなっています。
ただし、脂肪注入の場合も痩せている人はできない、脂肪がいずれ体内に吸収されてしまうという大きなマイナス点があります。一概にどちらの手術法がいいとは言えませんので、総合的に自分のなりたいバストアップが実現できる豊胸術や手術法を選ぶことが必要です。

 

まとめ

 

豊胸手術は選択肢が多いです。豊胸バッグ以外にもヒアルロン酸注入や脂肪注入もあります。豊胸バッグに決めたとしても、「皮膚の層のどの深さに入れるか」「どんな素材のものを使うか」「形は? 触感は?」などを検討して、自分の最も納得のいくものを選ばなければいけません。

 

まずはネットでクリニックのホームページなどをチェックしているでしょう。いくつか候補が決まったら、カウンセリングに行ってみましょう。ほとんどのところが無料です。これで数院回ってみて、もっとも信頼できそうなところを選びます。こういった手間は惜しまないようにしましょう。

 

 

 

 

 

脂肪注入法によるバストアップ手術のメリットとデメリット

 

≫豊胸手術に人気のクリニックランキングはこちら